もみじ饅頭

Pocket

「揚げもみじパフェ」というものを先日宮島で食べました。
もみじ饅頭がパフェの中に入っている…?
しかもただのもみじ饅頭ではなくて揚げているもみじ饅頭…?
一般的なあんこのもみじ饅頭しか知らなかった私には驚きでした。

広島のお土産として有名なもみじ饅頭ですがどのような歴史、どのくらいの種類があるのでしょうか。

もみじ饅頭は1906年(明治39年)に宮島の和菓子職人である高津常助によって発案されたと言われています。宮島の紅葉谷に伊藤博文やヘレン・ケラーら国内外の重鎮が宿泊した「岩惣」という旅館があります。

その旅館の仲居さんに高津さんが「紅葉谷にちなむお菓子を作っては」と助言されたことからもみじ饅頭は作られたそうです。他の説では伊藤博文が旅館の娘の手を「紅葉のようでかわいらしい。焼いて食べたら美味しそうだ。」と冗談を言った事から誕生したとも言われています。

最初はこしあんのみだったもみじ饅頭は時代がたつごとに味が増えていきます。つぶあん・白あん・チーズ・チョコレートなど。最近では餅が入ったものもあるそうです。

中の味だけではなく生地も増えてきています。竹炭を混ぜた黒もみじ、もっちりとした生菓子の生もみじ、そして揚げもみじ。表面にチョコレートなどをコーティングしたもの、もみじソフトクリームというものもあるそうです。

これからも様々な種類が生まれてきそうなもみじ饅頭、ぜひ食べ比べてみたいものです。

Pocket

この記事を書いた人