広島弁について

Pocket

大学に来て驚いたことの一つに方言があります。全国から様々な方言を話す人々が集まってくるので聞いたことのない言葉をよく耳にします。方言の中でも広島弁はこの土地の言葉なのでよく聞くようになりました。

 広島弁は県西部の安芸方言と県東部の岡山弁に近い備後方言があるそうです。私が普段よく聞くのは「~しんさい」や「~しちょる」などなのですが、これは全て安芸方言です。

 方言はその地域ごとに受け継がれてきた歴史や文化があるというイメージなのですが時代を追うごとに使われなくなったものもあるのも事実です。

 広島県の方言の地域別特徴を昔の人が表現した言葉があります。「備後バーバー、広島 ガンス、呉チョル、尾道アリャンス、県北ツカイ」です。

 これは地域での方言の語尾表現なのですが聞いたことがあるのはチョルしかありませんでした。実際にこれらを使っているのはその土地のお年寄りの方くらいだそうです。

 私は広島弁の言い回しが大好きです。語尾が可愛らしくて聞いていて愛嬌があると思うのです。広島に住んでいると自然に広島弁を使うようになっています。

 しかし、帰省から広島に戻るたび友達から話し方が訛ったと言われます。以前は訛りが嫌だったのですが、嬉しく感じるようになりました。自分と故郷を結ぶ大切なものに感じられるからです。

 時代の流れの中で方言が消えていってしまうのは仕方がないことなのかもしれませんが少し寂しい気もします。故郷の方言を使わなくなったとしても、学び、その歴史や思いを感じ取ることは大切だと感じます。

Pocket

この記事を書いた人